くまぐま☆BBS

45924
”くまぐま”へようこそ。
雑談・アシアトなどお気軽にどうぞ~

固形コンディショナー - 青空

2010/05/07 (Fri) 17:23:16

こんにちは
LUSHとかで固形のコンデショナーを使ってみたら結構よかったので、自分も作ってみようと思ったのですが
何処にもレシピが見あたりません
石鹸は作れますが、コンデショナーって一般の
石鹸とレシピはかなり違ってくるのでしょうか?すいません
アドバイスお願いします

Re: 固形コンディショナー - ゆりくま URL

2010/05/10 (Mon) 22:47:22

青空さん、こんにちは。

固形のコンディショナーのレシピは確かに見たことがないですね~。

LUSHのサイトに成分が書かれているので見てみてください。
カカオ脂(ココアバター)、高級アルコール(セテアリルアルコール)、中性界面活性剤(ラウリル硫酸Na)、保湿剤(PG)が主成分のようです。
(そのほかは油分、乳化剤、香料、植物エキスなど)

ヘアケア製品の界面活性剤としてラウリル硫酸Naを使うなんて今時なかなかのチャレンジャーという印象ですが、シャンプー類には使っていないところをみると、コンディショナーの大量の油分を適度に流し去る目的にはこのくらい脱脂力が強くないと持たないのかもしれません。

さて、同じLUSHでもリキッドコンディショナーと比べると、特徴的なのはカカオ脂です。これが固形になる由来と考えられますね。
したがってカカオ脂、適当な油分(液状)、界面活性剤や乳化剤、保湿剤を適当に組み合わせると固形コンディショナーのベースはできあがりそうです。
構成としては洗い流せるクレンジングオイルと同じで、固形の油分や界面活性剤を使うという感じでしょうか。

しかし手作りをするには界面活性剤または乳化剤の選択が難しそうです。
石けんはアルカリ性のためリンス剤には不適です。ラウリル硫酸Naのような中性のイオン系界面活性剤は単体で市販されていることはなさそうです。

手作り材料ショップなどで手に入るような乳化剤では固形を保つほどのカカオ脂を乳化して洗い流せるほどのパワーがあるかどうか疑問??
エマルシファイイングワックス(植物性乳化剤)の成分がポリソルベートとステアリルアルコールでこれ自体が固形なので、うまく油分と組み合わせれば固形に近いものができるかも・・・と想像しますが、ちょっと自信ありません。

あまりお役に立てなくてすいません。
なにかヒントがあればまた記事のほうにでも書かせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

Re: 固形コンディショナー - 青空

2010/05/14 (Fri) 19:17:09

こんにちはご丁寧にありがとうございます。
値段が高いので作った方が安いと考えてましたが
やっぱり私にはちょっとできないので、クエン酸リンスで
我慢しようかぁ
ありがとうございました

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.